FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ifの使い方-基礎
接続詞if(イフ)が分からないとなかなか英語には付いていけないぞよ。

名詞節を導く従属接続詞 if , whether

名詞節を導く接続詞は that の他に if や whether がありますね。
ともに、「・・・かどうか」の意味を表すのですが。
口語体では主に if が使われますよ。

例を挙げてみましょう:

例文: ぼくは それが本当かどうか 知っています。
S O(直) V(完他)
この文章は述語が完全他動詞なので S+V(完他)+O(直) の文型で表すことができます。
では、この文章の O(直) の内容を見てみましょうか。
ここには「それが 本当である」という主語・述語関係を含んでいる事が分かります。そして、これが「・・・かどうか」を伴い O(直) を構成しているわけです。
ですから、従属接続詞 if を使って導けば良いというわけですね。

まぁ口で理屈を説明するのは簡単なんですが、実際使っていけばなんとなくニュアンスもつかめてくるはずです。

それが本当かどうか ⇒⇒⇒ if it is true・・・・

したがって、

I know if it is true. となります。
S V(完他) O(直)

分かりましたか?

スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。