FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独特なアフリカ英語
世界には英語が話されている地域がたくさんありますが、すべてが同じような発音というわけではありませんよね。
アメリカの英語とイギリスの英語が全然違って聞こえるのと同じです。

たとえばアフリカでも英語が話されているところはたくさんありますが、大方のアフリカの国々ではごてごてのなまり英語が話されています。

だからある意味日本人にとって、ごってごてのはっきりした発音で話してくれるので、聞きやすく理解しやすいというのはあるかもしれませんね。

2010南アフリカワールドカップのおかげでアフリカに注目がいっていますが、東アフリカのウガンダやケニアという国々でも英語が使われています。
そのウガンダやケニアに行ってみると、ごてごての英語がどういう意味か分かるでしょう。
わたしも個人的にケニアにカンガという布を買いに行ったことがありましたが、はっきり英語をしゃべってくれるケニア人とても分かりやすかったですね。ははっ!

アフリカのカンガを考えるブログ

ということで、世界のいろいろな地域に行って、いろんなタイプの英語を学ぶというのもとっても面白いと思いますよ。



スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。