FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話と年齢
「英会話を習うのに70才は遅すぎるかしら?」
こんな質問をしてきた方がいらっしゃいました。

普通に考えて皆さんどう思いますか?

多くの人達に聞いて統計を取ったとすればおそらく「遅すぎる」の回答が断然多いと思います。

確かに若い人の吸収力や柔軟性に比べると年配の方々のそういった能力は劣るかもしれませんが、決して「遅すぎる」ということはないはずです。

「人間死ぬまで勉強」ということわざもありますが、人間の脳はくすしく造られており、死ぬその日までかなりの情報量を蓄えられるように造られているのです。

実際人間が一生のうちに使う脳の領域はその100分の1くらいでしかないんだそうです。

ですから、70でも80でも英会話を習うのは決して遅すぎることはありませんし、新しいものを敬遠しようとする傾向のその年代で新たなものにチャレンジしようとするその姿勢が素晴らしいと思います。

とはいえ、子供の頃から言語を学ぶのに超したことはありません。

自分の好きなことなら夢中になれる子供の時期は、お母さんと一緒にリズムにのったり、歌っておどったり、大喜びしながら学ぶことができるからです。子どもたちは体を使って英語をグングン吸収しますよね。

お子さんに英会話、ぜひ検討してみてくださいね!


スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。