FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場アメリカの英語?本場イギリスの英語?
英語に限らずどの言語を習うにしても言えることですが、ムリにでも自分をその環境に置くというのがその新言語を流暢に話せるようになれる最大の秘訣ではないでしょうか。
赤ちゃんが語学を覚えるのは、家族の言葉を聞いてマネすることから始まるのと同じですね。留学すると、どの国でもその国の言葉を聞いて話す環境が整っていますし、なぜネイティブがそのようにREASONINGするのかという理由も分かるようになるかもしれません。つまり、自分が将来に英語が話せるようになるときに、どの国で学び育てられたら理想的か、ということなのですね。
ちょっと難しい話になりますが、アメリカもオーストラリアも元々はイギリス人が入植して現在の国となりましたよね。インディアンやアボリジニなどの原住民系でない限り、そのルーツはイギリスにあると言えますね。
それゆえ、英語の本場は本当はイギリスなのだという人も少なくありません。ですからこの英語の本場イギリスへの留学を考えてみても面白いかもしれませんよ。
スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。