FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関係代名詞のまとめ
関係代名詞とは何か、ということをこれまで勉強してきましたが、違う角度からまとめてみましょうね。

関係代名詞というのは、名詞の後ろに文をつなぐ接着剤のようなものですね。まぁボンドですな、ボンド。
名詞と名詞などのように同じものをつなぐなら簡単なandを使いますし、また文と文をつなぐならやっぱり簡単な接続詞を使いますね。

例えば、I am a girl and you are a student.は2つの文がandでつながれていますね。

しかし、名詞と文のように異質なものをつなぐには、特別な道具が必要で、それが関係代名詞なんですね。

ここで注意しておきたいのは、関係代名詞はただつなぐだけであって、まったく意味は持たないということですよ。だから上の表中でも(意味なし)となっていますね。ちょうど木工ボンドが白い液体なのに乾燥すると透明になるのと同じですよね。

さて、関係代名詞の種類ですが・・・・

関係代名詞は、その名詞の種類によってwhoとwhichの2つがありますね。他に特殊な関係代名詞としてthatがあり、合計3つありますね。
thatに所有格はないので、「なし」と言っておぼえましょうね。何も言わないでいると、忘れたのか、もともとないのか、あとで迷う原因になりますのでね。

ところで、関係代名詞を使って2文を1文にするやり方ですが・・・・

これはなかしか難しい問題ですね。これは先行詞と格の2つを知っている人にとっては、とても簡単なことですけどね。逆に言うと、知らない人にとっては難しいということですね。まぐれでやろうたってムリです。2度とあたることはありえませんので。


では、問題を解きながら具体的に見ていきたいと思いますね。

問題1 : 次の2つの文を関係代名詞を使って1つの文にせよ

My uncle has a large house. It has a fine garden.

1) 2つの文中で同じものを見つけますよ。

上の文ではa large houseとItですね。それ以外にはありませんよ。

2) 最初の単語を先行詞として「人」か「もの」か見分けますよ。

上の文では、a large houseが「人」かどうか決めますね。これは「人」ではないので、「物」ですよね。

3) 2つ目の単語の文中での位置を見て、格を決めますよ。

Itの文中での位置を答えますね。文の中で「主語」の位置を占めているので、主格と決定できますね。

4) 2つめの単語を関係代名詞に変えて、その文の文頭に出すんですよ。

ここで暗記しておいた一覧表を使いましょう。すると使うべき関係代名詞は物で主格ですから、whichと決定できますね。Itをwhichに代えると、2つめの文はwhich has a fine gardenとなりますのでね。whichはもともと文頭にあるので、これ以上、前に出すことはできませんのでそのままの位置でOKですよね。

5) 今作った文を、先行詞の後ろにくっつけましょう! これで終わりですね。

My uncle has a large house + which has a fine garden.

= My uncle has a large house which has a fine garden.


さぁ、君もできたかな?

スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。