FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなを惑わすWHEN
ちょっと最近みんなを困らせているwhenについておさらいしておきましょうね。

よくある質問:
「I'll call you when ready.は正しい英語ですか?

例えば、食堂で、食券を渡して、「料理ができ上がりましたらお呼びしますねー」という時に、

I'll call you when (it's) ready.と it'sを省略してよいのでしょうか?

もし省略が許されるとしたら、どういう文法的な理由なのでしょうか?

主節と従属節の主語は違うので、可能性があるとしたら、慣用的な省略しかないと思うのですが、ここで、慣用的な省略は可能でしょうか? 」



うーん、良い質問かもしれない・・・。


つまり、その後にこうあるのではないでしょうか。
主語が異なる場合でも,慣用的表現や,we, you, they, people などの時には省略可だよ、ということ。
慣用表現としては when necessary, when possible などがあると考えられますが,結局 it is が省略されており,状況なり,前に出てきた it なわけですよね。

見方が違うだけで同じだと思います。
ただ,when 形容詞という表現が可能,という出発点にたっていないだけですよ。あるいはそこに気づかないか。

主語の一致という点はおいておき,大切なのは
when is ready のように,主語だけ省略することはできないが,
when ready のように主語と be 動詞をともに省略することが可能。
when +形容詞という表現が可能であるということです。

英語というのは日本語と異なり,勝手には主語が省略できない言語です。
だから,主節の I を省略はできない。
しかし,従属節で when 形容詞で意味が成り立ち,when ready という表現は可能。
後は解釈として,ready の主語が何かということです。

主節と一致している場合もあれば,前の文に書かれていることもある。
そもそも it's ready の it は何を表すのか。
よく,時の it とか,状況の it とか,言いますが,同じ it であり,話者の中で何か決まったものや状況を表します。

今回だと the meal とか the dish を表すとも,状況の it ともいえるでしょう。
it という人称代名詞は日本語では省略するような語であり,主語なら必要ですが,when ready のように主語がない場面で,置かなくていいのなら,なくてもいいわけです。
スポンサーサイト
Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。