FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮定法のWOULD
英会話の中の上、仮定法のwouldです。
こないだもある講座で口をすっぱくしてご説明申し上げましたが、would have P.P.で「~するところだった」という過去の仮定をifを使わずに表すことができるにはできますが、このwouldは仮定法現在で「私なら~」といった
日本語で使われがちな過程を表すことができるんでしたね。これは非常に便利ですので、ぜひ
押さえておきたい項目ですよみなさん!!テストに出るかもしれないからあなたの心のノートに是非書いておいてくださいな。
もらうなもらうな!

英会話というものはですね、会話はできるだけシンプルな文章を好みますので、ifを言わないケースも多々あるのですよ。ただwouldは沢山意味があるので、その時々でどの用法なのかを判断する必要があります。難しいですよ、この子は!ではこれから少し皆さんと一緒に考慮してみましょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。