FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人称単数とは?
三人称単数って言う言葉を英語の授業ではとにかくよく使いますね。あれがよくわかんなくて英語を嫌いになる人も多いみたいです。そりゃそうだよね、分かりにくいんだもん。難しい言葉いっぱい使ってさ。
三人称単数って何なのかっていう授業を一回休んじゃったらその先まったく分からなくなるじゃんね。

では、改めて、三人称単数とはなにか?

いま自分が人と会話をしていると考えてください。

この場合、一人称が話をしている自分です。

話の相手は二人称。

三人称とは自分(話し手)を一人称にしたときに相手が二人称(聞き手)となるわけですから、その話し手と聞き手以外の彼、彼女、彼らなどの第三者のことを三人称と言うわけですね。

これで三人称というのが分かりました。つまり、第3者ということですよ。

この人称とは話し手との関係を表す文法用語のことですからあんまり気にしなくてもいいですよ。

また、単数とは彼、彼女、それなど、一つのものや人を表すため、[彼ら]などは複数の人数がいるので含まれませんね。

これで単数って言葉の意味も分かりました。

つまり、ひとりってことですね。

英語などではこの主語の人称によって動詞が変化しますからね、これは一応大事なわけで。

例文をいくつか考えましょうか:

I play tennis.(一人称)

You play tennis.(二人称)

She plays tennis.(三人称単数)

They play tennis.(三人称複数)


三人称、そして単数と複数の違いが分かったでしょうか。

スポンサーサイト

独特なアフリカ英語
世界には英語が話されている地域がたくさんありますが、すべてが同じような発音というわけではありませんよね。
アメリカの英語とイギリスの英語が全然違って聞こえるのと同じです。

たとえばアフリカでも英語が話されているところはたくさんありますが、大方のアフリカの国々ではごてごてのなまり英語が話されています。

だからある意味日本人にとって、ごってごてのはっきりした発音で話してくれるので、聞きやすく理解しやすいというのはあるかもしれませんね。

2010南アフリカワールドカップのおかげでアフリカに注目がいっていますが、東アフリカのウガンダやケニアという国々でも英語が使われています。
そのウガンダやケニアに行ってみると、ごてごての英語がどういう意味か分かるでしょう。
わたしも個人的にケニアにカンガという布を買いに行ったことがありましたが、はっきり英語をしゃべってくれるケニア人とても分かりやすかったですね。ははっ!

アフリカのカンガを考えるブログ

ということで、世界のいろいろな地域に行って、いろんなタイプの英語を学ぶというのもとっても面白いと思いますよ。




英会話を恐れるな!
英語は今や国際語ですよね。
なのに、英会話を始めるのが恐いという人はたくさんいます。
何が恐いの?

失敗?

上達しないでがっかりする自分?

ねぇ、何が恐いの? それって意味ある恐れ?

実際の所、だれだって、不安や恐れを持っているのではないでしょうか。
なんだって最初に始めるときは“ちゃんとできるかなぁ”と不安になるのは当たり前のことです。

近年、インターネットの普及や、様々なメディアの発達によって、英語は国際社会でなくてはならないツールになりつつありますよね。

しかしながら、多くの日本人は英語が苦手のままです。
なぜ苦手なのでしょうか?そしてその克服方法はあるのでしょうか?

そもそも、英会話の目的、それは何でしょうか??

もちろん主な目的は、使えるように、つまり、会話ができるようにということですよね。

ここで、「会話」とは何でしょうか?

ふふふふふ・・・質問をかえれば、「会話」の要素は何なのでしょうか?

会話は何で成り立っているか?ということですよ。

それは「質問」と「答え」です。 あまりに当たり前すぎて拍子抜け??

でも実際はそうではないでしょうかね。

会話はこの2つの要素で成り立っているといえないでしょうか?

例えば、"How are you?"というのは、相手の状態を聞くための質問で、I’m fine.というのが「答え」ですね。

こうして考えてみると、英会話をマスターするということは、「質問」の仕方、そして「答え方」をマスターすればよい、ということなのです!

ね、簡単でしょ!!

英会話をだれも恐れる必要などないのです!



Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。