FC2ブログ
英語の文法を丁寧に簡単に説明、解説しています。例文多数あり。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

even if, even though 詳しい説明
会話でよく使うeven if や even though を学習してみましょう。

「even if」は「たとえ~でも」という意味で使うことができますよね。
これは「どんな状況でも~をする」というような、仮定的な意味になりますよ。

 You should go even if you aren't ready.
 (たとえ準備ができていなくてもね、あなたは行ったほうがいいよね。)
 I will go even if you don't.
 (たとえあなたが行かなくても私は行きますよ。)

「though」と「although」には「~だけれども」という意味がありますよね。
たとえばI went out yesterday though I still had a fever.は「私は熱があったけれども、昨日は外出をしました。」という意味になりますよね。
「even if」には「たとえ~でも」という仮定的意味がありましたが、それとは違い、単なる事実的なことを意味に含みますね。

 Though it rained, she went out without an umbrella.
 (雨だったけれども、彼女は傘を持たずに出かけましたよ。)
 Though he was tired, he worked overtime on the weekend.
 (彼は疲れていたけれども、週末は残業をして働きましたよ。)


≪even if≫→『仮定的色彩』を帯びる  
       
    の節中には程度の差はあれ仮定的な内容がきます。しかし、時制が必ずしも仮定法になるわけではありません。  
       
    例(1)  Even if it snows tomorrow, I will go there by car.  
         
      (たとえ明日雪でも私は車で行きます。)  
       
    ※ ここではは不自然です。なぜなら、明日のことを事実として前提的に述べることはできないからです。  
         
    例(2)  Even if I don't have any money, I'll get along somehow.  
       
      (たとえ金はなくても何とかなるだろう。)  
       
    ※ も可ですが、事実か仮定かのニュアンスの差が生じます。  
       
    節中の内容が明らかに「事実に反する」場合や「可能性の低さ」を強調する場合には仮定法が用いられることがあります。その際、の節中のみが仮定法になることもあれば、全体が仮定法になる場合もあります。
スポンサーサイト

even if - if の応用
さて、ifはもしもという意味だけで用いるわけではありません。応用するIFの使い方を覚えましょう。

「even if」は「たとえ~でも」という意味で使うことができますよね。これは「どんな状況でも~をする」というような、仮定的な意味になりますよ。

例文を考慮してみましょう。

例1) You should go even if you aren't ready.
 (たとえ準備ができていなくても、あなたは行ったほうがいいですよ。)
 I will go even if you don't.
 (たとえあなたが行かなくても私は行きますよ。)

He was tired, but he continued working.
(彼は疲れていたが、働き続けた。)
これをeven if で書き換えると・・・?

→ He continued working even if he was tired.

となるわけですね。

もう少し詳しく論じましょう。

の節中には程度の差はあれ仮定的な内容がきますよ。でもね、時制が必ずしも仮定法になるわけではありませんのでね。  
       
    例2)  Even if it snows tomorrow, I will go there by car.  
         
      (たとえ明日雪でも私は車で行きます。)  
       
    ※ ここではは不自然なんです。なぜなら、明日のことを事実として前提的に述べることはできないからですね。  
         
    例3)  Even if I don't have any money, I'll get along somehow.  
       
      (たとえ金はなくても何とかなるだろう。)  
       
    ※ も可ですが、事実か仮定かのニュアンスの差が生じますよね。


このように分析すると圧倒されてしまいますが、まぁ使っていくうちに慣れていくもんだと思ってください。


目的語になるパターンでのif
ifの基本的な使い方はもう十分だと思うので、次なるステップへ移りましょう。

目的語になるパターン

目的語になる場合は、通常2通りのパターンがあります。

主語+動詞+whether ( if ) ~.
意味: 「…が~かどうかは‥」

例文1:

I don't know whether they were here.

S   V           O

この“O”の部分が目的語に当たるわけですが、目的語も1つの単語ではなく「節」が来ているわけですね。

= I don't know if they were here.

(私は彼らがここにいたかどうか知らない。)

主語+be+形容詞+whether ( if ) ~.
意味: 「…が~かどうかは‥」

例文2:

I am not sure whether you didn't do such a thing.

(私は君がそんなことをしてないかどうか確信してない。)

これもwhetherからが目的語節となっているわけです。

分かりましたか?


ifの使い方-基礎
接続詞if(イフ)が分からないとなかなか英語には付いていけないぞよ。

名詞節を導く従属接続詞 if , whether

名詞節を導く接続詞は that の他に if や whether がありますね。
ともに、「・・・かどうか」の意味を表すのですが。
口語体では主に if が使われますよ。

例を挙げてみましょう:

例文: ぼくは それが本当かどうか 知っています。
S O(直) V(完他)
この文章は述語が完全他動詞なので S+V(完他)+O(直) の文型で表すことができます。
では、この文章の O(直) の内容を見てみましょうか。
ここには「それが 本当である」という主語・述語関係を含んでいる事が分かります。そして、これが「・・・かどうか」を伴い O(直) を構成しているわけです。
ですから、従属接続詞 if を使って導けば良いというわけですね。

まぁ口で理屈を説明するのは簡単なんですが、実際使っていけばなんとなくニュアンスもつかめてくるはずです。

それが本当かどうか ⇒⇒⇒ if it is true・・・・

したがって、

I know if it is true. となります。
S V(完他) O(直)

分かりましたか?

Copyright © 難しい英語の文法を簡単に解説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。